帰省の移動中、お菓子をダラダラ食べるなら、ガムを噛みましょう

エディター / ベネヴィータ編集部

2023-08-7

  • URLをコピーしました!

今年のお盆休みは、ご実家へ帰省を予定されているご家族が多いようです。
帰省の移動中、お子さんをあやそうとしてお菓子を与えて静かにさせてしまう親御さんを目にします。
実は、お菓子をダラダラと時間をかけて食べるのは、お口の健康によくないのです。
お口の中にいつまでも食べ物、特に甘いものが入っている状態だと、虫歯になるリスクが高くなってしまうからです。
帰省の移動中、甘いお菓子の代わりに歯を丈夫する桃味のガムをご紹介します。
お子さんだけでなく、お子さんとご一緒に親御さんにも!

歯の健康を保つガムには「CPP-ACP」と「キシリトール」が配合されています。
「CPP-ACP」には、歯を丈夫にする3つの効果があります。
①歯の脱灰(お口の中の細菌が出す酸による歯のエナメル質の内側からミネラルが溶け出すこと)を抑制する働きがあります。
②再石灰化(脱灰によって溶けてしまったエナメル質内のミネラル成分を再び元に戻す)を強くする効果があります。
③耐酸性を増強する(虫歯の原因となる酸への耐性を強くする)効果があります。
つまり、歯を丈夫にして、虫歯になりにくい効果があるのです。

さらに、キシリトールも配合。キシリトールは甘味料なのですが、白樺や樫などの樹木や植物から作られる天然の成分です。
キシリトールには、虫歯菌の働きを止めて、初期の虫歯にミネラルを補給して歯を丈夫にする働きがあります。

歯を丈夫にする働きのあるガムは、一度にたくさん噛むと、お腹がゆるくなってしまうことがありので、お子さんには注意が必要です。
ガムを噛む目安は、1日3回。1回2粒。10分間以上噛むことで、CPP-ACPの効果が得られます。

ガムのフレーバーは、蒸し暑い夏にぴったりのホワイトピーチがおすすめ。
噛むほどに爽やかな桃の甘さを楽しみ、歯を丈夫しましょう。
今年の夏、旅行の移動中は、リカルデント ホワイトピーチミントガムを噛んで、のんびりと旅路を楽しんでください。
コンビニエンスストアと駅売店で発売中です。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おクチから「幸せ」になるウェルビーイングメディア Bene Vita(ベネヴィータ)

目次