天然由来100%の歯磨き粉で歯をキレイにしてストレスも洗い流す!?

エディター / ベネヴィータ編集部

2023-08-13

  • URLをコピーしました!

新型コロナのパンデミックで在宅勤務やテレワーク、オンラインなど働き方の変化が大きなストレスになり、その解消法としてマインドフルネスが注目を集めました。
マインドフルネスは、アメリカ発祥の瞑想法。
目の前の瞬間だけを集中することで、仕事や家庭のストレスが軽減され、集中力の向上などの効果が期待されます。
マインドフルネスは、いつでも何処でもできるストレス解消法ですが、歯磨きをしながらマインドフルネスができる歯磨き粉が開発されました。
そんなマインドフルネスができる歯磨き粉!
その名の通りMINDFUL TOOTHPASTE!
開発した会社は宮崎県にあるTENMEI(テンメイ)。
この会社の面白いところは、毎日3回の歯磨きタイムを瞑想体験にまで引き上げて、リラックスできる歯磨き粉を作ってしまった発想力と実行力でしょう。

まずは、TENMEIが提唱するMINDFUL TOOTHPASTを使ったマインドフルネスの歯磨き方法をご紹介しましょう!
名付けて、マインドフルブラッシング!
マインドフルブラッシングは、マインドフルネスと同じように全てを手放し、今起こっている歯磨きだけに注意を向けるエクササイズとのこと。
歯磨きはマインドフルネスの呼吸法と同じように規則的な反復動作が多いのでマインドフルネスのエクササイズに最適です。
「今、目の前にあるものだけに意識を向けること」がマインドフルネス。
歯磨きに集中するだけ!

① 4-7-8呼吸法
4秒静かに鼻から息を吸い込み、7秒止める。8秒かけて吐く時は口から「ふぅー」と音を立ててゆっくりと。厳密にカウントする必要はないので、息が続かない場合はカウントを速めて、苦しく感じない程度に調整してください。

② ジェルを出す
あなたの心地よいと感じる量をご使用ください。

③歯ブラシの上のジェルの香りを嗅ぐ
香りを、あなたの体がどのように感じるのか観察する。クロモジと柚子の香りで森林浴しているような気分に。

④いつも通りにブラッシング
歯や歯茎に歯ブラシが当たる感覚、磨く時のブラシの音、口から鼻へと抜ける香り、口の中の清涼感などの感覚に意識を向け丁寧にブラッシングを行います。

⑤口をゆすぐ
水の冷たさ、ゆすがれている時の口内の感覚、水の流れに意識を向ける。

⑥ 深呼吸
最後にゆっくりと深呼吸

いかがでしたでしょうか。
マインドフルブラッシングとは、呼吸とブラッシングと香りに集中するということ。

では、③にあった森林浴をしているような香りのクロモジと柚子がどれほど希少価値なのかを説明します。
TENMEIのクロモジは、ケクロモジ(Lindera sericea)という品種で、スタッフが森の中から枝を採取し、天然精油を作っているので、一般には出回っていないほど希少なものです(写真下・自生したケクロモジ)。
江戸時代にはクロモジの枝を繊維状にした「房楊枝」が歯ブラシとして活躍していました。
クロモジは香りがよく、天皇陛下の即位式にあたる「大嘗祭(だいじょうさい)」にも使われるほど、古来からある日本を代表する香りのある樹木です。
クロモジの香りの成分はリナロールです。リノナールには、リラックス効果、抗菌作用もあります。
ですから、虫歯菌や歯周病菌への抗菌作用も認められているのです。

TENMEIでは栽培された柚子ではなく、森の中に自然に実っている柚子のみを厳選し使用しています。
自生した柚子の香りは奥深さを強く優しく感じ、お口の中から全身へマインドフルネス体験を誘います。

さらに、歯磨き粉としての成分も天然由来成分100%。


以下、全成分です。
水(溶剤)、グリセリン(湿潤剤)、セルロースガム(粘結剤)、炭酸Ca(清掃剤)、キシリトール(甘味剤)、グリチルリチン酸2K(矯味剤)、三リン酸5Na(清掃助剤)、シリカ(清掃剤)、ヒドロキシアパタイト(清掃剤)、海塩(矯味剤)、乳酸桿菌/ダイコン根発酵液(湿潤剤)、グレープフルーツ種子エキス(湿潤剤)、クエン酸(ph調整剤)、クエン酸Na(ph調整剤)、チャ葉エキス(湿潤剤)、ナタマメ種子エキス(湿潤剤)、メントール(清涼剤)、ハッカ油(香味剤)、ユズ果皮油(香味剤)、BG(湿潤剤)、香料(クロモジ枝油タイプ)

天然で希少な柚子とクロモジの香りとともに歯磨きでリラックスする。
MINDFUL TOOTHPASTEは、歯磨きでマインドフルネス体験を生み出す、として注目を集めています。

MINDFUL TOOTHPASTEの取扱い
https://tenmeijapan.com

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おクチから「幸せ」になるウェルビーイングメディア Bene Vita(ベネヴィータ)

目次