電動歯ブラシはお口の中のどこまでしっかり洗い流せるの?

エディター / ベネヴィータ編集部

2023-08-25

  • URLをコピーしました!

武内製薬株式会社が開発した電動歯ブラシは、通常の歯ブラシでは届かない細部までしっかり洗浄ができると!
では、歯ブラシの届かない「細部」とは?

武内製薬株式会社の電動歯ブラシスマホワイト口腔洗浄器には、4種類のノズルがあるので、使い分けて歯磨きをすることで歯ブラシの届かない細部までキレイにしてくれます。
●ノーマルノズル
歯ブラシが届かない隙間にアプローチします。3カ月に1回が交換の目安とのこと。
●舌磨きノズル
舌表面の汚れを繊細な水流で優しく洗います。
●超音波ノズル
超音波が発する気泡で歯表面の汚れをパワフルに落とします。
●ポイント磨きノズル
歯ブラシでは磨きにくい奥歯や歯間、矯正器具に付着する汚れや食べカスをピンポイントで除去します。

ネーミング通り、ポイント磨きノズルを使いこなせば、歯の矯正中の人も使えるほどの性能なのです。
ノズルは360度回転することができるので、奥歯や歯の裏まで磨きやすい設計になっています。
電動歯ブラシ本体には、ノズル7本(ノーマル×4、舌磨き×1、超音波水流ブラシ×1、ポイント磨き×1)ついています。

では、電動歯ブラシの基本性能から細分までしっかり洗浄できるかチェックしてみましょう。
歯ブラシのヘッド部分は、 毎分1400~1800回の振動なので、歯の隙間・歯周ポケットの汚れも洗い流せるレベルと言えます。
さらに、水圧のレベルが4段階もあるので、その日のお口の状況に合わせた水圧に調整が可能です。
●NORMAL‐ノーマルモード
これが標準モードで、歯間の洗浄に適しています。やや強めが好きな人におすすめです。
●SOFT‐ソフトモード
比較的やさしい水流で汚れを除去します。電動歯ブラシを初めて使う人、お子さん、歯茎が気になる人、ノーマルモードが強いと感じられた人におすすめです。
●PULSE‐パルスモード
一定間隔で噴射と休止を繰り返し、歯茎をマッサージしてくれます。中高年の人や歯茎が気になる人には必要なモードです。
●DIY‐水圧調整
ご自身で30~120PSIの間で自由に水圧を選択できます。

防水機能もあるので、お風呂の中でゆったりしながら、歯茎と歯の間を沿うようにブラッシングしてください。


 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おクチから「幸せ」になるウェルビーイングメディア Bene Vita(ベネヴィータ)

目次