予約が取れないエステティシャンが教える!顔とお口周りの緊張と感情のほぐし方

エディター / ベネヴィータ編集部

2023-08-22

  • URLをコピーしました!

性格は顔に出るという格言を聞いたことがありますか。
相手の表情を見て、その人の気持ちを読み取ることはありますが、性格までわかってしまうものなのでしょうか。
しかし、顔の表情からあなたの性格を相手が色々と思ってしまうのは事実のようです。
そんな人の本心をずばりと聞き出した調査「性格と顔の関連性」はとても興味深い結果でした。
では、株式会社R’VIVOが20歳以上60歳未満の男女全国990人を対象に行った「性格と顔の関連性」の調査結果を見ていきましょう!
そして、予約の取れないエステシャン岩崎るみさんから感情までほぐすマッサージ法を紹介します。

目次

性格は顔に現れると7割の人が実感!

 質問①性格は顔に現れると思いますか?

「性格は顔に現れると思うか?」と質問したところ、「とても思う」(23.1%)、「やや思う」(44.7%)、「わからない」(20.8%)、「あまり思わない」(4.6%)、「まったく思わない」(6.7%)となり、67.8%の人が「性格は顔に現れる」と思っていることがわかりました。
アンケート結果を見ると、約7割の人が、相手の顔つきで性格まで判断してしまっているようです。
とはいえ、いい性格であることが顔に現れていれば、問題はなさそうですが…。


質問②相手(他人)に対して「性格が悪そうな顔だな」と思ったことはあるか?

「よくある」(16.5%)、「時々ある」(34.8%)、「たまにある」(28.3%)、「あまりない」(13.3%)、「まったくない」(7.1%)となり、日常的に相手に対して「性格が悪そうな顔」と思ったことがある人が51.3%いることもわかりました。
性格が悪そうな顔という表現は、少し曖昧な印象ですが、相手が自分の印象を顔つきだけで悪く捉えてしまうのが元ならば、意識的に注意しなければならないと思います。


質問③どのような顔が性格が悪そうな顔なのか?

「目が冷たい」(46.9% )と「笑っていても目が笑っていない」(45.1%)が2トップとなり、「眉間にシワが寄る」(25.5%)、「口角が下がっている」(22.0%)、「片方の口角だけ上がっている(下がっている)」(20.1%)続きました。
本オンラインが気になるのは、「口角が下がっている」と「片方の口角だけが上がっている(下がっている)」です。ふたつを合わせると約4割の人が口角で相手の性格を判断していることがわかります。
マスクをとる生活が始まって半年が経とうとしていまから、今後はますます口角の上げ下げに気を使っていかないといけないようです。


質問④性格が良さそうな顔はどのような顔ですか?

54.5%が「笑った時、目も笑っている」と回答し最多。以下、「目がキラキラしている」(34.8%)、「口角が上がっている」(26.1%)、「笑うと目尻にシワができる」(25.1%)、「口元に笑いジワがある」(11.4%)となりました。
相手の印象は目と口なのだ、とわかる回答結果です。
特に、1位の「笑った時、目も笑っている」というのは、笑っているということは口元もポイントになります。

性格が悪い人の顔の特徴と改善法

性格が悪いと思われてしまう表情を改善する方法があるのです!
ここからは、予約のとれないエステティシャン岩崎るみさんが「この人、性格が悪いな」と思われてしまうような顔の特徴を3つと感情を整えるセルフマッサージ紹介します。

岩崎さんは予防医学、脳科学、心理学、東洋医学の知識を用いて、フェイシャルエステティックのタッチ理論に基づいて技術アレンジをした「フェイシャルレメディ®」「クレンジングマスター®」を開発し、メディアに多数掲載。著書に『健康美人のつくり方』(フレグランスジャーナル社)。YouTubeチャンネル『マインドエステ 〜心で変わる大人の美活動〜』。
彼女が開発した「フェイシャルレメディ🄬」という手技は「皮筋」といわれてる顔の皮膚に密着した筋肉は、自分の思考や感情で動くと捉えています。
そのため、顔には、その人の健康状態や心理状態、信じ込み、トラウマ、常識などが全部入っているからこそ、顔の表情ひとつがとても大切だと提唱しています。

では、「性格が悪い人の顔の特徴3つ」を解説してもらいましょう。
岩崎 「まず、目についてお話しましょう。よく笑う人は、口角が上がっています。笑うことで口角が上がるエクササイズをしているのです。逆に言うと、笑顔になるような思考を持っているから口角が上がるのです。大事なのは、心から笑うこと。心から笑っている時は目も一緒に笑うため、目尻が下がったり、目の周りにシワができやすくなったりしまが、幸せのシワと捉えられて良い印象に見えます。
一方、同じ笑顔でも口角だけを上げている作り笑いの人は、目が笑っていないため、目の周りに冷たさを感じたり、幸せを感じられたりしないような印象を持たれてしまいます。また、眼球で笑っていない人も同じです。笑っていても眼球を見たらビー玉のような冷たさを感じたり、魂が抜けていたりするように感じられます。
目には気が宿っているため、目に人の魂がない、感情のエネルギーが入っていないという人も少なくありません。『目力』という言葉もあるように、眼球で笑うようにしましょう。いくら性格が良くても眼球に魂がなかったら、とても冷たい人に見えるので損です。気やエネルギーを高めておくと目が輝き出すので、そういうところを意識した方が良いかもしれません。性格が悪くなくても目が輝いていなかったら、壁を作られたり、付き合いにくい人と思われたりもするので、もったいないです。目からキラキラしていきましょう!

続いて「口角」についてです。
岩崎「幸せな人は口角が上がっています。口角が下がっていると、幸せそうに見えますか?怒っていたり、嫌な気持ちになっていたりするように見えますよね。不満を抱えていたり、ポジティブな気持ちではなかったりする時は、口角下制筋という上唇と口角を下に引く役割を持つ筋肉により口角が下がってしまいます。口角が下がっていると幸せ感がない顔になってしまうため、印象も良くありません。
口角を上げたい時は、割箸を横にして口角に当たる位置でしっかりとくわえましょう。口角が上がります。とても辛いことがあっても、口角を上げていたら気持ちが少しハッピーになります。これは「顔面フィードバック」と言って、顔の筋肉を動かしたらその感情になるという考え方です。嫌なことがあっても割箸をくわえて、少し幸せな感情に麻痺させることが大事です。
また、口角の片方だけが上がっていたり、片方だけが下がっていたりしているのは、裏の感情の現われです。言っていることと考えていることが違う、またはそのようなことを考えている時に、片方の口角にだけ出ることもあります。口で言っていることと腹の中にあることが違っている人は、そのような表情筋が動きやすくなるため、「信用しない方が良い人」かもしれないという見極め方法になるかもしれません」

最後に「眉間のシワ」です。
岩崎「これはネガティブな感情を抱いた時に収縮する皺眉筋(しゅうびきん)という筋肉によりできます。視力が悪い人が目を細める、辛い・嫌・キツイ・痛い・しんどいなどといった時にも顔をしかめるため一概には言えませんが、やはりプラスの感情ではないため、それがずっと続いてしまうと印象は良くありません。良からぬ感情が多いと眉間にシワが寄り、そのシワが刻まれていくと、いつもそのような感情があるのかな?と思われてしまいます。また、怒りや不満を感じるとそのような顔になってしまうため、注意が必要です。ネガティブな感情をなるべく持たないようにしていくと、顔の筋肉の動き方もきっと変わると思います。眉間にシワを寄せて嫌な顔をして口角を下げて怒った顔をしてみてください。嫌な気持ちにしかならないです。幸せ感やポジティブな感情で動くところではないので、シワが深くなってきていたら、なるべく意識して眉間にシワが寄らないように気をつけていきましょう」

岩崎さんが提唱する「感情を緩めるマッサージ」を徹底解説!

岩崎「怒り・悲しみ・恐怖・不安など様々なネガティブ感情がありますが、そういったものを感じないようにすることは難しいと思います。しかし、顔筋は常に持っている感情によって動いているため、その感情に特化した筋肉を緩めてあげれば、その感情は緩んでいきます。
怒りやイラっとする、ムカッとするなどの感情が出やすい人は、こめかみの上あたりに位置している『側頭筋』(上の図の赤い囲み部分)という筋肉に凝りがあると思うので、指の腹でちょっとほぐしてみてください。怒りの感情がかなり緩んでいきます。硬い人はイライラしているかもしれません。押すと痛い人は怒りをたくさん感じています。
 また、怒りにふたをして、その時の感情を閉じ込めてしまっている場合も、潜在意識下で怒りを出したいというサインが、こめかみ辺りにしこりとなって現れるので、軽く刺激を与えるようなマッサージをしてみてください。ほぐすことで思考の解放がしやすくなります」

岩崎るみプロフィール
1974年、兵庫県生まれ。延べ4万人のフェイシャルエステで顔に触れてきた実績を持つエステティシャン。
株式会社R’VIVO 代表取締役。一般社団法人フェイシャルレメディ協会 代表理事。予防医学、脳科学、心理学、東洋医学の知識を用いて、フェイシャルエステティックのタッチ理論に基づいて技術アレンジをした「フェイシャルレメディ®」「クレンジングマスター®」を開発し、メディアに多数掲載。著書に『健康美人のつくり方』(フレグランスジャーナル社)がある。YouTubeチャンネル『マインドエステ 〜心で変わる大人の美活動〜』を開設。

調査概要
調査期間:2023年7月19日~20日
調査手法:インターネット
調査調査対象:20歳以上60歳未満の男女全国有効回答者数:990人(男性:493人、女性:497人)
調査機関:Freeasy
株式会社 R’VIVO 調べ

あわせて読みたい
一生涯現役ファッションモデルのエイジングケア…シワやたるみ改善…若さは巻き戻る!? まだまだマスクを外せない女性たち…ほうれい線やシワ、たるみなど、マスクでお口周りを隠せていた生活が3年続きました。顔のお手入れもおろそかになりがちでした。これ...

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おクチから「幸せ」になるウェルビーイングメディア Bene Vita(ベネヴィータ)

目次