ウェルビーイングな再生医療について/前半編 元気に歩けたり、走れるように‼ 膝の痛みを解消する「再生医療」とは⁉

エディター / ベネヴィータ編集部

2023-10-8

  • URLをコピーしました!

いつまでも元気でいること=人生を豊かにしてくれる…そんなサスティナブルな幸せを健康面からトータルサポートをするのが、ミライズウェルメディカルグループ。
今回は、ミライズウェルメディカルグループが目指す、ウェルビーイングな再生医療について、前半編と後半編に分けて、取材していきます。
ミライズクリニック南青山で再生医療の総監修医を務める佐藤敦先生にお話をお聞きしました。

目次

再生医療で、ずっと我慢していた慢性的な膝の痛みが改善…その後のリハビリでさらに「歩ける」「走れる」をサポート!

ミライズクリニック南青山の再生医療は、どんな人に効果的ですか?
「変形性膝関節症や慢性的な膝の痛みに悩んでいる人です。今まで、治療は2つの方法がありました。文字通り手術をして症状を改善させる手術療法。もう1つが運動や食事や薬で症状を緩和する保存療法。この2つの治療の間を埋める新たな治療が、再生医療です」(佐藤先生)。
膝の治療に効果的なんですね!
「膝はもちろん、他に肩などの関節やあご、腰などの慢性的な痛みに悩んでいる人にも効果的です。これまで消炎鎮痛薬やヒアルロン酸注射などで改善しなかったり、手術に踏み切れなかったり、合併症などが原因で手術をしたくてもできなかったり…そんな保存療法と手術療法では十分に対応できなかったギャップを埋める治療が、再生医療です」。
さらに佐藤先生は熱弁します。
「ミライズクリニック南青山では各分野の専門家と連携しながら、大学病院レベルの高度な医療を提供することを第一義に考えています。リハビリを行う理学療法士が在籍し、再生医療と同時進行でリハビリも行うことで、相乗効果が期待できます。骨格や筋肉のつき方は患者さん一人一人違います。その患者さんの身体の動かし方などを理学療法士が目で確認し、状態を判断します。そして、一人一人に合ったリハビリを行い、回復を目指します。さらに再生医療の効果をより長く持続させるために、パーソナルジムmed.と連携して治療後のジムトレーニングもおすすめしています。再生医療の担当医師指導のもとジムトレーニングを進めます」。

自己治癒力を上げて治療するから、副作用の心配や身体への負担が少ない!

再生医療のメリットについて教えてください。
「上記でも述べていますが、関節の軟骨変性によって膝に痛みがある人はもちろん、筋肉、腱、靱帯、関節、軟骨など筋骨格系に痛みがある人、リウマチ疾患がある人、ケガをした後も痛みが続く慢性疼痛に悩んでいる人に効果があるのが、再生医療です。患者さん自身の脂肪から取り出した幹細胞を培養して関節内に注入して、自己治癒力を上げる自己脂肪由来幹細胞療法です。患者さん自身の細胞を使うため、副作用の心配がなく安全に炎症や痛みの改善効果が期待できます。基本的に外来治療で済むため、患者さんの身体への負担は少なくすみます。入院の必要もありません。以上がメリットですが、デメリットは人によっては脂肪抽出時に傷跡が残ることがあること、治療効果持続期間に個人差が出ることです。あとデメリットではないのですが、自由診療のため、比較的高額な費用がかかります」。
他にどんな再生医療があるのですか?
「低侵襲(ていしんしゅう)再生医療と呼ばれる治療があります。軟骨を大きく欠損して、歩けなくなったり日常生活の動きに支障をきたしている人に効果的です。侵襲(しんしゅう)とは医学用語で、皮膚を破ったり、何らかの医療機器を体内に挿入したりすることを指します。この低侵襲再生医療は、関節鏡(関節の内部を見る内視鏡)を用いて、患者さん自身の軟骨細胞を移植し、軟骨欠損部を修復します。最小限の手術傷で軟骨再生が叶います。患者さんの身体への負担は極めて少ないのもメリットです。患者さん自身の軟骨細胞を用いるため、拒絶反応の心配もありません。デメリットは軟骨細胞を採取してから移植まで時間がかかることです。治療後、移植部位へ体重をかけることをしばらく控える必要があることです。こちらも自由診療のため、比較的高額になります」。
再生医療について、よくわかりました!
次回はさらにエイジングケアなど美容やスポーツについての再生医療について、お話をお聞きします。

この人に聞きました。

佐藤敦
ミライズクリニック南青山再生医療総監修医。昭和大学江東豊洲病院整形外科講師。日本整形外科学会専門医。日本整形外科学会認定スポーツ医。日本体育協会公認スポーツドクター。日本医師会認定健康スポーツ医ほか。2021年に行われた東京オリンピックでは、ジャマイカチームの公式ドクターを務めました。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おクチから「幸せ」になるウェルビーイングメディア Bene Vita(ベネヴィータ)

目次