寝ている間に歯茎を強くする!歯周病の予防ができる歯磨き粉

エディター / ベネヴィータ編集部

2023-10-20

  • URLをコピーしました!

睡眠中、お口の中の唾液の分泌が減ると、歯周病や虫歯の原因菌の活動が活発になります。
なぜならば、唾液には、これらの原因菌を殺菌する効果があるからです。
そこで、花王株式会社が、寝ている間にもお口の中をケアをしようと、今までにはなかった新しいオーラルケア習慣を提案しました。2023年10月21日、花王株式会社から「PureOra36500濃密泡ハミガキ」が発売になります。
この歯磨き粉は「泡状」のものなので、薬用成分が歯茎まで浸透し、睡眠中も歯周病を予防します。

配合されている2つの薬用成分。
①BGA(β-グリチルレチン酸)は、抗炎症成分として、歯茎の炎症を抑える働きあり、歯周病を予防します。
②CPC(塩化セチルピリジニウム)は、歯周病の原因菌を殺菌し、歯茎からの口臭を防ぐ働きがあります。

この歯磨き粉は「泡状」なので、使い方に特徴があります。使い方は、適量(500円玉ぐらい)の泡を直接舌にのせます。
そして、10秒ほどお口をクシュクシュして歯茎まで泡を行き渡らせます。仕上げに、歯ブラシで歯を磨き、歯茎を優しくマッサージします。

おやすみ前に使えるように歯磨き粉の香りは、刺激の少ない優しいマイルドなミント味です。

あわせて読みたい
食いしん坊さん必見!食欲が増す秋だから気をつけたい! 歯周病を防ぐための5つの心得 食欲の秋です。美味しいモノを満喫するためには、お口の中の健康はキチンと管理したいところ。季節の変わり目は、気温や気圧の変化が体調や健康に影響を及ぼしやすくな...

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おクチから「幸せ」になるウェルビーイングメディア Bene Vita(ベネヴィータ)

目次