好きな秋の味覚を100人に聞きました! 人気食材とお口のいい関係

エディター / ベネヴィータ編集部

2023-10-28

  • URLをコピーしました!

株式会社ベストアクティは、10代から60代までの100人に【好きな秋の味覚】についてアンケートを行いました。
アンケートの結果は「さつまいも」と「サンマ」が同率1位となりました。
それに続いて「栗」がランクインしました。
では、回答者の印象的なコメントとともに歯と歯茎とのいい関係を紹介します。

さつまいもを選んだ回答者のコメント
「スイーツにもなるし、おかずの具材の1つにもなり万能で、便秘にも効くのでよく食べます」(20代・女性)

「さつまいもは、紅はるかやなると金時など、種類がたくさんあってそれぞれのおいしさがあり、焼き芋で食べるのが大好き」(30代・女性)

サンマを選んだ回答者のコメント
「自宅で秋刀魚の焼いている匂いがすると、秋が来たなと感じます。秋の秋刀魚は油が乗っていてとても美味しく、毎日でも食べたいくらいです」(20代・女性)

栗を選んだ回答者のコメント
「モンブランが大好物というのが最大の理由ですが、栗ご飯や焼き栗、渋皮煮、栗まんじゅう、きんとんなど多彩なアレンジが可能ですし、派手さはないけど栗特有の滋味深さは他では味わえない価値があると思うからです」(30代・男性)

「ホクホクの栗が大好きです。絶対に栗ご飯は作りたくなります。幸せ感じます」(40代・女性)

1位の「さつまいも」と3位の「栗」は、歯茎を健康に保つ働きのあるビタミンCが豊富に含まれています。
特に、さつまいもと栗のビタミンCはでんぷんに守られているため熱に強く、効果的に摂取することができます。
また、食物繊維も多く含んでいますので、よく噛むことで唾液の分泌が増えて、お口の中の殺菌効果も高まり、歯周病の予防にもなります。
お口の中で左右バランスよく30回以上よく噛むことも心掛けてください。
2位のさんまは歯を強くするカルシウムとビタミンDが豊富に含まれています。
歯の主成分となるカルシウムはビタミンDを一緒に摂取することで吸収率が上り、歯の健康を保ちます。

アンケート調査概要
実施期間:2023年10月
調査対象:10代から60代までの男女
調査方法:ネットリサーチ
回答者数:100人(男性34人、女性66人)

あわせて読みたい
食いしん坊さん必見!食欲が増す秋だから気をつけたい! 歯周病を防ぐための5つの心得 食欲の秋です。美味しいモノを満喫するためには、お口の中の健康はキチンと管理したいところ。季節の変わり目は、気温や気圧の変化が体調や健康に影響を及ぼしやすくな...
あわせて読みたい
食欲の秋!美味しい物を食べて元気になる!味覚が半減しないために、虫歯にならないための5つの心得 夏の厳しい暑さもようやく峠を越えました。いよいよ食欲の秋が到来です。美味しい物を思い切り食べれば、身体も思い切り元気になります。しかし、虫歯になってしまって...

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おクチから「幸せ」になるウェルビーイングメディア Bene Vita(ベネヴィータ)

目次