ウェルビーイング
医食住メディア

医食住ウェルビーイングメディア

ビューティ

2022.07.25

ニオイ防止はトラブル防止。汗や皮脂の放置はニオイや頭皮トラブルに!気になる夏の頭皮ニオイ対策

ライター/片平奈菜

ライター/片平奈菜

「パートナーに頭皮のニオイを指摘された…。」「朝起きると枕のニオイがきつい…。」。このように、夏になると頭皮のニオイが気になってくる方も多いのではないでしょうか? 汗をかくとどうしても頭皮が臭くなってしまいますよね。そこで本記事では、頭皮のニオイの原因と対処法をご紹介します。シャンプーを変えたり、お風呂上がりのケア方法など、さまざまな対処法を解説するのでぜひご覧ください。

頭皮のニオイの原因

頭皮のニオイの原因は、汗や皮脂によるものが多い傾向です。汗は本来無臭なのですが、頭皮に繁殖している常在菌が汗に反応して、イヤなニオイが発生してしまいます。また、夏は皮脂量も増えてくるため、皮脂が多いとシャンプーでは落としきれずに頭皮のニオイが気になってしまうのです。

大正製薬┃頭皮が臭いその原因と対策
https://brand.taisho.co.jp/contents/riup/detail_217.html
kao┃頭皮のニオイやベタつきを解消
https://www.kao.co.jp/lifei/support/94/

夏の頭皮のニオイのケア方法

頭皮のニオイには、さまざまな対策があります。シャンプー選びから頭皮の洗い方、お風呂上がりのケアまでさまざまな対策がありますので、下記で見ていきましょう。

 シャンプー前の予洗い

シャンプー前にシャワーで2〜3分程予洗いすることで、頭皮の汚れや髪についているほこりなどを落とすことができます。しっかりとシャワーで落とすことで、その後に使うシャンプーの泡立ちも良くなるため、頭皮をスッキリ洗浄できます。

 あえてマイルドなシャンプーを使う

洗浄力の強いシャンプーを使っていると、頭皮の必要な油分までも落としてしまうため、頭皮が乾燥して、より皮脂の分泌量が増えてしまいます。マイルドな洗浄力のアミノ酸系のシャンプーに変えることで、頭皮環境を整えると良いでしょう。また、アミノ酸系シャンプーだと、どうしても皮脂や汚れが気になるという方は、泡立てないクレイシャンプーがおすすめ。必要な皮脂は残しつつ、クレイ(泥)が汚れを吸着して落としてくれます。

 ヘッドマッサージャーを使う

シャンプーをしながらヘッドマッサージャーを使うことで、手で洗うよりもさらに汚れが取れやすくなります。手で洗うだけだと意外と上手に洗えていない方も多いようです。お風呂から上がってすぐに頭皮のニオイを嗅いでもニオイがする方は、ヘッドマッサージャーを使ってみると良いかもしれません。

筆者もヘッドマッサージャーはいつも愛用しています。特に夏場は念入りに頭皮ケアをしています。

 自然乾燥はNG。ドライヤーでしっかり乾かす!

濡れたままの髪でいると、雑菌が繁殖してニオイの原因となります。必ずドライヤーで乾かしましょう。また、ドライヤーで髪がほとんど乾いたら、最後に冷風を当てることで、頭皮の温度が下がるので汗が抑えられます。

 水なしのドライシャンプーを使う

ドライシャンプーとは、水やお湯を使わずに、シャンプーの成分(主にエタノール)や香りで頭皮の汚れやニオイを抑えて、髪を清潔に保つアイテムです。スポーツの後や入院時、災害時にも使える万能アイテムなので、1本持っておくと安心です。

ひんやりとしたドライシャンプーを使うことで、頭皮が冷たくなり、頭皮のニオイの発生を抑えます。ミントや柑橘系などの爽快な香りのドライシャンプーを使って、頭皮のニオイをケアしてリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

本記事では、頭皮のニオイの原因や対処法をご紹介しました。夏になると、汗や皮脂が多くなることから、頭皮のニオイがキツくなります。またニオイだけでなく、そもそも汗や皮脂を放っておくことは頭皮の健康のためにも良くありません。最近頭皮のニオイが気になってきたという方は、今回解説したさまざまな対処法をぜひ試してみてくださいね。(片平)
  • 記事をシェア
  • 記事をツイート
  • 記事をLINEで送る

ライター/片平奈菜

ライター

片平奈菜

日本化粧品検定協会コスメコンシェルジュ資格とコスメライター資格を持つ美容ライター。エステティシャンと美容部員の経験を活かし、20~40代向けの美容メディアにおいてスキンケアやメイク関連の記事を執筆・監修。新作や限定コスメのチェックは欠かさず、さまざまな商品を試すことは仕事というよりも趣味。季節や肌の状態に合わせ、自分の肌に合う成分のスキンケアアイテム収集に凝っている。

Ranking

pagetop