ウェルビーイング
医食住メディア

医食住ウェルビーイングメディア

ビューティ

2022.08.01

汗かきさん必見。汗など真夏の肌トラブル予防はひんやりが鍵。爽快リップケアもおすすめ

ライター/片平奈菜

ライター/片平奈菜

「メイクをしてもすぐに汗をかいてしまう…。ひんやりとしたコスメはないのかな?」。夏になると、このようなお悩みも多いのではないでしょうか? スキンケアアイテムでひんやりとするものは多く発売されていますが、実はコスメにもひんやりアイテムはあります。本記事では、真夏に使いたいひんやりコスメにはどんなものがあるのかをご紹介します。汗は肌のトラブルにもつながります。できるだけ汗をかきたくない夏、ぜひ参考にしてみてください。

メイク中から汗かきを抑えるひんやりコスメ

ひんやりコスメとは、肌に付けた瞬間に冷たさを感じるコスメのことです。夏の時期は、メイクをしている途中から汗をかいて、メイクが崩れてしまうといった経験がある方も多いはず。汗は肌トラブルにもつながりますから、できるだけかかないようにしたいものです。ひんやりコスメなら肌に冷たさを感じながらメイクができるので、真夏に重宝します。また爽快な香りのものも多いので、気分もリフレッシュできます。

選び方

ここからは、ひんやりコスメの選び方を解説していきます。アイテム別や香りなど、どんな選び方があるのかを見ていきましょう。

 ひんやり感の持続時間やパーツで選ぶ

付けた瞬間だけひんやりするものなのか、ひんやり感が持続するものなのかなど、アイテムによってさまざまです。どのようなひんやり感を求めているのかで選び方が変わってきます。また、ひんやりさせたいパーツは、ベースメイクなのかリップメイクなのかでも選び方が変わります。特にひんやりケアが多いのはベースメイクの商品です。化粧下地からパウダーファンデーションまでさまざまな商品が発売されています。

 香りで選ぶ

ひんやりコスメには、ミントや柑橘系などの爽快な香りがついているものが多いです。涼しげな香りは夏に嬉しいですね。筆者も夏はミント系の香りを好んで愛用しています。

真夏に使いたい!ひんやりコスメは?

ここからは、真夏に使いたいひんやりコスメをカテゴリー別にご紹介します!ベースメイクやリップケアなどはひんやりコスメが多い印象です。

 化粧下地・ファンデーション

ひんやりとしたジェルタイプの化粧下地。ジェルタイプの化粧下地でクールダウンしつつ、肌に水分を与えます。ベタつきから肌を解放し、夏のメイク時間を快適に過ごせます。また、スプレータイプの化粧下地やファンデーションも発売されています。化粧下地としてもメイクの仕上げにも使えるグロウスプレーです。スポンジにスプレーして顔につければ、ムラにもなりません。-5℃の冷感で夏でも涼しくメイクができます。

 フェイスパウダー

夏のマスク生活を快適にするひんやりサラサラなフェイスパウダーもおすすめです。皮脂や汗を吸着して、肌をサラサラにしてくれるので、皮脂が原因でメイクが崩れやすい方にも最適。ひんやりとした使用感なので、メイク直しをする度に涼しくなれるアイテムです。

 リップケア

リップケアでは、塗った瞬間にスースーとするカプサイシン入りのリッププランパーやメントール入りのリップクリームなどを選ぶと良いでしょう。夏場でなくても一年中販売されているものが多いので、見つけたことがある方も多いはず。付けてからしばらくひんやり感が持続します。塗り直すとまたスースーするので、暑い夏はポーチに入れておくと良いでしょう。

まとめ

本記事では、真夏に使いたいひんやりコスメをご紹介しました。ひんやりコスメは、ベースメイク、そしてリップケアに良くあることが分かりました。ぜひこれらのひんやりコスメを使用して、暑い夏を乗り越えてくださいね。(片平)
  • 記事をシェア
  • 記事をツイート
  • 記事をLINEで送る

ライター/片平奈菜

ライター

片平奈菜

日本化粧品検定協会コスメコンシェルジュ資格とコスメライター資格を持つ美容ライター。エステティシャンと美容部員の経験を活かし、20~40代向けの美容メディアにおいてスキンケアやメイク関連の記事を執筆・監修。新作や限定コスメのチェックは欠かさず、さまざまな商品を試すことは仕事というよりも趣味。季節や肌の状態に合わせ、自分の肌に合う成分のスキンケアアイテム収集に凝っている。

Ranking

pagetop