ウェルビーイング
医食住メディア

医食住ウェルビーイングメディア

ビューティ

2022.08.22

「セラミドなど成分に注目!」と薬剤師のアドバイス。夏だから冷房由来の乾燥肌トラブルを助けるスキンケアアイテム

ライター/片平奈菜

ライター/片平奈菜

『冷房によって肌が乾燥している気がする…。夏なのでさっぱりとしたスキンケアを使いたいけど、しっとりするものを使った方が良いのかな?』。夏はこんな悩みの方も多いのではないでしょうか? 今回は冷房が原因の乾燥肌におすすめのスキンケア方法をご紹介します。夏の乾燥肌に何を使ったら良いか分からない方は、ぜひご覧ください。また今回から監修として「ひでまりメディカル」代表の 弘中秀美さんに御協力頂きます。薬剤師でありご自身も肌や毛穴トラブルを経験した弘中さんから、ケアアイテムに含まれる成分の持つ働きや作用について詳しく伺いました。

なぜ冷房で乾燥するのか

エアコンで冷やされた部屋の空気は湿気が少なく乾燥しています。そのため冷房の風に当たると、肌のうるおいが奪われるのに加えて、汗をかいたままの状態で冷房の効いている室内に入ると汗が蒸発し、汗をかく前よりも乾燥してしまうこともあります。

また、肌の表面が乾燥していると、肌は皮脂を多く分泌させて水分を保持しようとし、皮脂を過剰に分泌してしまい、いわゆるインナードライになってしまいます(詳細記事はこちら)。そのため夏でもスキンケアでしっかりと肌表面に油分の膜や保湿成分の膜を張って、水分の蒸発を防ぎ肌を乾燥から守ることが大切なのです。

夏の乾燥と冬の乾燥はどう違う?

さて、夏はエアコンや汗で、そして冬は冷たい外の風の影響で肌が乾燥するとなれば、夏と冬の乾燥において肌の状態の違いはどこにあるのでしょうか。弘中さんに伺いました。

「夏の乾燥は、汗が蒸発して乾燥に繋がります。また冷房で肌が冷えきっていると血流や代謝が悪くなってしまいます。代謝が滞ることで肌の乾燥にも直結するのです。また、夏は紫外線を多く浴びていることもあり、バリア機能が乱れて肌の水分が逃げやすいのも乾燥の原因の一つです。一方で、冬は汗をかきにくいので水分の蒸発などではなく、湿度が下がっていることによって乾燥するケースがほとんどです。このように乾燥と一口に言っても血流、また紫外線の影響など、夏と冬では肌の状態が異なっているのです」

乾燥ケアといえば冬のもの、と思っていた方も多いことでしょう。しかし夏には夏の理由で肌が乾燥し、また冬とは違う肌状態になっていることがわかりました。夏だからといって油断をせずに、しっかりと保湿ケアをすることが大切です。

冷房で肌が乾燥している時のスキンケア方法

ここからは冷房で乾燥した肌へのおすすめのスキンケア方法を解説していきます。筆者は、冷房で乾燥した肌には、しっとりとしたテクスチャーのクリームでしっかりと保湿をしたいタイプです。ただ、これについて弘中さんからワンポイントアドバイスをいただきました。

「しっとりしているクリームを塗るのも良いのですが、あまり保湿をし過ぎてしまうと皮脂分泌が活発になり、ニキビや毛穴の開きの原因になってしまいます。そのために夏の乾燥には、さらっとしていながらも保湿力が高いもの、やや軽めのテクスチャーのクリームがおすすめです。成分としては、『水溶性ビタミンC』が配合されているものであれば、皮脂の分泌を抑えることができます」

「夏も保湿を」と考えるとテクスチャーのしっかりしたものを選びがちですが、さらっとしているテイクスチャーでも保湿成分が多いものや、『水溶性ビタミンC』が配合されているものを選ぶのがポイントだと弘中さん。夏でもしっとりとしたクリームを使いがちあなたも、もう少しさらっとしたものに変えてみてはいかがでしょうか?

保湿ミストのおすすめ成分は?

外出先でのメイク直しや乾燥対策に保湿ミストが効果的で、使っている方も多いことでしょう。でも水分量の多いミストだと水分が蒸発し、余計に肌が乾燥してしまうことがあります。そういう意味でもミスト選びには注意が必要です。たとえば「オイルインのミストはどうでしょう」と弘中さんに伺ったところ、こんな成分の保湿ミストをおすすめしていただきました。

「保湿成分が多く配合されているものを選ぶのが良いですね。オイルが入っているものも良いのですが、必ずしもオイルは入っていなくても大丈夫です。要はしっかりと水分をキープしてくれるものであればOK。おすすめの成分は、セラミドやコラーゲンです。セラミドは肌のバリア機能をサポートしてくれますし、コラーゲンは水分を保持してくれます」

これまで「保湿ミストは蒸発が…」と避けていた方も、セラミドやコラーゲンなどの保湿成分が配合されているミストを選んでみましょう。

朝と夜、それぞれのスキンケア

さて冷房で肌が乾燥しないためには、朝のメイク前のスキンケアもポイントです。弘中さんがよく行っている朝のスキンケア方法をお聞きしました。

「朝のスキンケアは時間がないので簡単に済ませたいところです。でも肌の力を底上げしたり、血行をサポートしたりするために、時間があれば炭酸パックをするのがおすすめです。また、肌質に合った保湿クリームを使ったり、マットなテクスチャーのクリームタイプの化粧下地を使うのも良いと思います」

炭酸パックは夜にするものというイメージでしたが、肌の血行をサポートするためには朝パックもおすすめだとか。確かにお肌の血行が良くなれば、一緒にメイクノリも良くなりそうです。

夜のおすすめはセラミド配合品

では、夜のスキンケアはどうなのでしょう。夜向けとして弘中さんがおすすめした成分は以下のようなものでした。

「スキンケアアイテムには様々な成分のものがあります。ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどが皆さんがよくご存知の成分でしょう。この中でヒアルロン酸、コラーゲンは肌に水分を与える成分なのでもちろん大事なのですが、バリア機能をサポートするという意味でセラミド配合のものを使うのがおすすめです。肌というのはバリア機能が乱れていると、水分を保持する力も弱くなってしまいます。だから水分保持の前に、まずはセラミドで肌を整えると良いでしょう。その他にも、幹細胞培養液やビタミンC誘導体が配合されたスキンケアもおすすめです。幹細胞培養液は自分の肌に足りないところを補ってくれますし、ビタミンC誘導体の種類によってはバリア機能をサポートする力があります」

保湿成分というとヒアルロン酸を手に取る方が多いと思いますが、セラミドはバリア機能をサポートして肌を整えてくれるので、肌が敏感な方はまずはセラミドが配合されているものを選ぶのが良さそうです。また近頃人気の高い幹細胞培養液やビタミンC誘導体もやはりおすすめとのこと。このようにその成分の働きを理解した上でスキンケアを実施すると、今まで以上にお肌が健康になりそうです。

まとめ

今回はひでまりメディカル代表・弘中さんの監修の下、夏の冷房による乾燥に使いたいアイテムやケア方法について詳しく解説しました。冷房による乾燥は、汗が蒸発したりインナードライになったりすることで冬とはまた違う乾燥状態にあることがわかりました。夏だからといってさっぱり系のスキンケアしか使っていないと、肌の水分が蒸発したり、バリア機能が乱れてしまいがちです。セラミドが配合されている化粧品を使ってバリア機能をサポートすることや肌質に合わせてしっかりクリームで蓋をすることが大切とのことなので、ぜひ参考にしてみてください。(取材とまとめ・片平奈菜、監修・ひでまりメディカル弘中秀美)

監修者プロフィール

弘中秀美(ひろなかひでみ)

弘中秀美(ひろなかひでみ)

薬剤師。自分の肌・毛穴トラブルの経験から同じ思いの方の役に立てたらという考えからコスメブランド「ひでまりメディカル」を立ち上げ、2022年6月で13期目を迎えた。今も薬剤師として医療現場に赴く専門家の目線と自分ごととして肌や毛穴トラブルと向き合いながら商品開発に勤しむ。

●ひでまりメディカル https://www.hidemari.co.jp/
  • 記事をシェア
  • 記事をツイート
  • 記事をLINEで送る

ライター/片平奈菜

ライター

片平奈菜

日本化粧品検定協会コスメコンシェルジュ資格とコスメライター資格を持つ美容ライター。エステティシャンと美容部員の経験を活かし、20~40代向けの美容メディアにおいてスキンケアやメイク関連の記事を執筆・監修。新作や限定コスメのチェックは欠かさず、さまざまな商品を試すことは仕事というよりも趣味。季節や肌の状態に合わせ、自分の肌に合う成分のスキンケアアイテム収集に凝っている。

Ranking

pagetop