ウェルビーイング
医食住メディア

医食住ウェルビーイングメディア

フィジカル

Promotion

2022.05.30

本格カラーサウナを併設したパーソナルジム「med.」

エディター/ベネヴィータ編集部

エディター/ベネヴィータ編集部

体調管理や健康のために今やジムに通うことは日常的です。とはいえ、入会しても今はほとんど通っていない、という方も多いのではないでしょうか。長時間ジムで自己流でエクササイズするのもいいですが、トレーナーをつけて効率よく運動するのが、結果、時間的にもコスト的にも、そして体調的にも有効です。都内にも数多あるパーソナルジムの中でも異彩を放っているのが、知る人ぞ知る「med.」なのです。他にはない“特別さ”をご紹介します。

「med.」が都内で唯一のジムである理由

理由その1 医学的根拠に基づいたパーソナルジム

ジムを選ぶ際に通いやすいという理由で、ご自宅の近くのジムを選ばれる方も多いでしょう。行きやすい=いつでも行けるということで、いつの間にか通わなくなるというケースも多々あるかと。ご自身の体調管理や健康を考えるのでしたら、パーソナルジムが有効です。人それぞれ体の内情は異なりますし、効率よくメニューをこなせ、しかも信頼できるトレーナーがいるというのは継続するモチベーションを上げてくれます。

中でも、「med.」は、医学的根拠をベースとしたトレーニングを提供するメディカルパーソナルジムを展開してきた『MEDiGYM』が運営しているのが特徴です。むやみに体を鍛えるよりも、ご自身の身体状態を医学的なデータから把握した上で、体調に合わせてベストなトレーニングやアドバイスがもらえるのが強み。連携するトレーナーもオリンピックのチーフドクターを務める世界の第一線で活躍するスポーツドクターや管理栄養士など、プロ集団から最適なプログラムを導き出します。実は10年前からメディカルパーソナルジムを展開している老舗としても都内でも唯一です。

理由その2 プロサウナーも通う本格サウナが併設されている

サウナを併設しているジムは珍しくありませんが、あくまで汗を流す程度の付随施設に留まるものが多いようです。「ととのう」という状態になるには、設備的にも機能的にもそこまでのものはなかなか用意されてはいません。

そんな中、「med.」では医学的観点からも、自律的な運動と発汗を促すジムとサウナの併設が非常に効果があるとし、ジムとサウナがそれぞれメインのジムを展開しているのです。しかもサウナの監修は、サウナカルチャーを牽引している“サウナ師匠”こと、秋山大輔氏が率いる「TTNE」。高温多湿空間で技術的に難しかった世界初のカラーロウリュウサウナを実現しました。最高に“ととのい”、最高に“絵映えする”ということで、サウナのみの利用を希望される方も多いのです。

理由その3 最高の利便性! 24時間使えて、貸切もOK

フッと「ジムに行ってみよう」と思った時にジムに行けることが大切だと思いますが、こちらのジムは南青山の骨董通りに面した最高にアクセスしやすい立地。買い物や食事のついでに立ち寄ることも可能です。

また、会員専用のアプリで予約や入店、施錠が可能なので、他のお客様やスタッフとの接触が最低限に抑えられ、しかも深夜や早朝など、希望するどんな時間帯でも利用できるのが特徴です。貸切ということも可能なので、都心で安心してエクササイズし、リラックスしてサウナを楽しむという夢の時間を過ごすこともできるのです。

理由その4 ユーザー満足度96%! 続けやすいコースと確かなトレーニング

トレーニングの効果はトレーナーの質が大きく左右します。「med.」ではスポーツドクター監修のメディカルトレーニングメソッドで経験を積んだトレーナーが担当。すべてのスタッフは専用の資格を持ち、中にはオリンピックを目指すトップアスリートも所属。価格設定も通いやすさを重視し、分かりやすいコース内容になっています。

また、すべてのマシンは最新式のものが採用され、筋肉番付「SASUKE」を設計施工した開発チームによる約4mのボルダリングウォールを併設。現在通っているお客様の96%が高い満足度を示しているほど。客観的にも評価の高いトレーニングが行われています。
●med.南青山店
東京都港区南青山6-2-9 KSビルB1F
https://medigym-jp.com/
営業時間/24時間(スタッフアワー 9:00~22:00) 無休
  • 記事をシェア
  • 記事をツイート
  • 記事をLINEで送る

エディター/ベネヴィータ編集部

エディター

ベネヴィータ編集部

医食住ウェルビーイングメディアのBene Vita(ベネヴィータ)。

Ranking

pagetop