ウェルビーイング
医食住メディア

医食住ウェルビーイングメディア

新着news

2022.07.07

献立・栄養管理アプリが更年期女性の健康をAIでサポート

ライター/前嶋砂羽

ライター/前嶋砂羽

女性の更年期は、閉経を挟んだ前後10年程度のことをいいます。更年期の間、女性はさまざまな身体の不調と付き合っていかなくてはいけません。AIによる献立・栄養管理支援アプリ「おいしい健康」は糖尿病、高血圧、心臓病などに加え、更年期の食事支援を行う機能を提供しています。

女性のライフステージに合わせAIが支援

更年期で辛い思いをしている女性をサポートするため、スマホアプリの「おいしい健康」では、「誰もがいつまでもおいしく食べられるように」というビジョンのもとに、AIおすすめ献立で献立を考える手間を省き、また提供するレシピは簡単なもので料理の負担を軽減。また豊富なコンテンツで毎日の料理が楽しくなる。こうした3つの機能で更年期女性をサポートします。

また適正体重を維持するためのエネルギーを考えた献立や、カルシウムや大豆イソフラボンの摂取を考慮したメニューも提案されます。

アプリの機能で心身の負担を軽減

公益社団法人日本産科婦人科学会によれば、閉経前の5年間と閉経後の5年間を併せた10年間が「更年期」とされています。更年期障害の症状は大きく3種類に分けられます。ほてりやのぼせといった血管の拡張と放熱に関係する症状。気分の落ち込み、意欲の低下といった精神的な症状。そのほかめまい、動悸、胸が締め付けられるような感じ、頭痛、肩こりといった身体的な症状です。

いずれもひとつのみであれば大したことがなくても、いくつかの症状が同時に起これば、心身への負担は決して少なくありません。個人の症状に合った食事の管理や献立を考えることは家庭では限界がありますが、AIのサポートを受けることによって家庭でも食の面で健康を支えることが可能になります。
アプリ名/おいしい健康
iOS用入手先/App Store
Android用入手先/Google Play Store
●おいしい健康(公式サイト
  • 記事をシェア
  • 記事をツイート
  • 記事をLINEで送る

ライター/前嶋砂羽

ライター

前嶋砂羽

元プログラマ。現在は男児の母とライターの兼業。簿記、食育アドバイザー、スポーツフードアドバイザー、チャイルドカウンセラー、チャイルドコーチングアドバイザー、コスメ薬事法管理者、薬事法管理者の資格を持つ。読み手の方々の生活が豊かになる情報を所有する資格をいかしつつ伝えることがモットー。

Ranking

pagetop