ウェルビーイング
医食住メディア

医食住ウェルビーイングメディア

新着news

2022.07.10

足裏が疲れにくい、ムレにくい、過ごしやすい。欲張ったインソールの3Dインソール「Jeet」が目標額達成

ライター/川村みさと

ライター/川村みさと

1日歩き回って疲労困憊の足……。その疲れの改善のために開発された3Dインソールが話題です。人間工学に基づいた設計で足裏の負担を軽減、さらにムレやニオイ対策も。過ごしやすさを追及し、足裏を支えます。

頑張りすぎる足裏を3Dインソールがサポート

3Dインソール「Jeet」は足のトラブルに徹底的に寄り添い、開発されました。ムレや臭いの悩みも改善できる構造で通気性と速乾性に富んだ生地を使用し、さらに靴の中で空気が循環するエアバイブを装備しています。

実は足の裏は身体の全体重を受け止める頑張り屋さんです。土踏まずのアーチがたわむことで地面からの衝撃を吸収しながら、特に踵や足趾(足の指)には思った以上に負担がかかります。そんな負担を減らすのが3Dインソールです。個人の足の形に沿うように隙間を埋め、優しくサポートしてくれます。

高いクッション性能

3Dインソールのクラウドファンディングが開始されると約1カ月で目標額に到達しました。足の裏が安定するとタコや靴ずれを防止し、また正しくインソールを使うことは腰などの痛みの予防にもなります。現在、クラウドファンディングの募集は終了しましたが、立ち仕事や長時間歩き回る人、偏平足や外反母趾で疲れやすい人、タコや靴ずれしやすい人、足のムレや臭いが気になる人は今後もこうした「足裏」を支えてくれるインソールをチェックしておきましょう。
商品名/3Dインソール「Jeet」
サイズ/S(23~25.5cm)、M(26~28cm)、L(28.5~31cm)
カラー/ブラック
●Y&Yストア(Jeetプロジェクト
  • 記事をシェア
  • 記事をツイート
  • 記事をLINEで送る

ライター/川村みさと

ライター

川村みさと

回復期・維持期の病院で理学療法士として約4年間従事。整形外科疾患、脳血管疾患、廃用症候群、認知症などのリハビリテーションを担当した。ライターとして独立後はヘルスケアに関する記事を中心に活動中。一般の方にもわかりやすく、病気やケガの治療や予防法、介護の知識やセルフケアについて解説することを心がける。一人ひとりが暮らしやすさを実現するために、気づきやそのための情報を発信中。

Ranking

pagetop