ウェルビーイング
医食住メディア

医食住ウェルビーイングメディア

新着news

2022.07.21

ニオイもコバエもゼロ、衛生的なキッチンは健康の基本。見た目良し新世代生ごみ乾燥機は展示会でチェック!

ライター/俵谷千尋

ライター/俵谷千尋

ごみ箱感覚で気軽に使える生ごみ乾燥機「ルーフェン(loofen)」の展示が、東京・二子玉川の蔦屋家電プラスで現在、行われています。生ゴミ量を77%削減でき、韓国では100万台売り上げた生ごみ乾燥機の魅力はどこにあるのでしょうか。

性能良し、見た目良しの生ごみ乾燥機

日々の生活のなかでどうしても出てしまう生ごみ。カサが多くかさばりがちで、水分も多く重さもあるので捨てるのも一苦労です。何よりも臭いやコバエの発生など、衛生問題も気になるところです。そこで注目したいのが環境配慮にもつながる生ごみ乾燥機です。

次世代生ごみ乾燥機のルーフェンの魅力は何よりもスタイリッシュなデザインです。白ベースのボディは清潔感があり、角のとれた丸みのある形状は、どんなデザインのキッチンにも自然になじみます。白/白の他にピンク、グリーン、パープルの計4色展開で、世界三大デザイン賞の1つ、レッドドット・デザイン賞も受賞しました。

生ごみ量は77%削減、稼働音も静か

さらにデザインだけでなく、機能性の高さとシンプルな操作性も人気の秘密です。ごみ箱のように生ごみをルーフェンの中に直接捨てて、あとはボタンを押すだけで操作は終了です。中に入った生ごみをギュッとスピード乾燥させ、生ごみ量を77%も削減できます。
カラカラに乾燥して凝縮した生ごみは、そのまま燃えるごみとして捨てられます(*各自治体のルールをご確認下さい)。また家庭菜園などの肥料にしてもOKです。

7月30日まで蔦屋家電プラスで展示会

静音設計で夜の稼働音を気にせず使えるのもポイントです。さらに独自の活性炭フィルターで生ごみ臭を消臭してくれるので、臭いに悩まされずに生ごみ処理ができます。ルーフェンを生活にプラスして、生ごみ問題からすっきり解放されましょう。

今なら、東京・二子玉川の蔦屋家電プラスでルーフェンの展示を行っています。「実際にキッチンに置いたときのサイズ感は?」と、生ごみ乾燥機の導入を迷っている人は、その目でルーフェンを見られる良い機会です。展示は2022年7月30日までです。
商品名/ルーフェン生ごみ乾燥機
価格/6万192円(税込)
●ルーフェンジャパン(公式サイト

イベント名/ルーフェン展示イベント
開催場所/蔦屋家電(東京都世田谷区玉川1-14-1二子玉川ライズS.C.テラスマーケット)
開催日時/7月30日まで。10:00~20:00
●蔦屋家電+(公式サイト
  • 記事をシェア
  • 記事をツイート
  • 記事をLINEで送る

ライター/俵谷千尋

ライター

俵谷千尋

フリーランスのWebライター。新しい働き方やライフスタイル、飲料(お茶)や革製品などのプロダクト紹介、海外面白ニュースの翻訳など、毎日をちょっと楽しくする執筆活動を継続中。国内外を問わずいろいろな場所に行くことが好きで、2021年には東京から京都へ移住した。加えて各国・地域の文化や現地の食事情にも興味津々で1人でふらりと海外に出かけることも。海外渡航歴27カ国。目標は100カ国渡航達成!

Ranking

pagetop