ウェルビーイング
医食住メディア

医食住ウェルビーイングメディア

新着news

2022.08.01

サウナで汗をかいてもしっとり保湿。フィンランド発のボディクレンジングオイル

ライター/髙橋マキ

ライター/髙橋マキ

サウナの本場であるフィンランドのオーガニックコスメブランド、リミタグリーンのボディクレンジングオイルは、スチームサウナ、ドライサウナどちらとも相性が良く、肌をしっとりと保湿。サウナタイムをより快適にするボディオイルです。

栄養成分たっぷりのオイルで潤いある素肌へ

アバントが販売するフィンランドのオーガニックコスメブランド・リミタグリーンのボディクレンジングオイルは、オーツ麦やシーバックソーン(サジー)など天然成分を配合し、潤いを保った洗い上がりが特徴です。

オーツ麦は抗酸化、保湿、抗炎症作用があり、含有成分サポニンが乾燥や刺激から肌を守りながら余分な油脂を取り除きます。また栄養素の多さと栄養価の高さから「奇跡の果実」と呼ばれるシーバックソーンは抗酸化作用に優れています。

サウナのタイプ別での使い方

リミタグリーンが薦めるサウナ時間をより快適にするボディクレンジングオイルの使い方は以下の通りです。スチームサウナでは体が温まり毛穴が開いてきた頃に、適量のボディクレンジングオイルを体全体に伸ばしながら優しくマッサージ。ポイントはリンパの流れに沿って行うことで、むくみ防止に効果を発揮してくれます。その後、シャワーで洗い流せば、健康的で自然な素肌を実感できます。

ドライサウナの場合はボディクレンジングオイルで体を洗った後にサウナを楽しみます。サウナの後、仕上げのシャワーを浴び、もう一度このオイルで洗い上げます。こうすることで、いつまでもしっとり潤いのある最高の肌に洗い上がります。
商品名/リミタオーツ・ボディクレンジングシャワーオイル
価格/5280円(税込)
内容量/250ml
●アバント(公式サイト
  • 記事をシェア
  • 記事をツイート
  • 記事をLINEで送る

ライター/髙橋マキ

ライター

髙橋マキ

都内の看護学校を卒業後、正看護師として脳外科、循環器内科、ICUなどさまざまな医科で20年以上勤務。食と身体のつながりに興味を持ったのは原因不明の湿疹ができたことがきっかけ。以後、クシマクロビオティッククッキングアドバイザーの資格を取得するなど食への意識が高まる。出産後は自然の中でのびのび育ってほしいと考え、鎌倉へ。現在、看護師パートと育児の隙間時間を活用し、在宅Webライターとして活動中。趣味はハイキング、フルート、習いはじめたピアノ。

Ranking

pagetop