ウェルビーイング
医食住メディア

医食住ウェルビーイングメディア

新着news

2022.08.07

シャープのAIoT対応テレビ・アクオスで認知機能トレーニングの「今日の脳トレ」提供中

ライター/川村みさと

ライター/川村みさと

シャープは、AIoT対応テレビ「AQUOS」向けサービス『COCORO VISION』で、認知機能のトレーニングに役立つ新機能『今日の脳トレ』を提供中です。これは介護施設や医療機関で使われている認知機能トレーニングサービスをアクオスのCOCORO VISION向けにカスタマイズしたもの。家庭のテレビでも認知機能トレーニングを実施できます。

運動しながらの脳トレで効果アップ

日常生活に欠かせない脳の働きである認知機能。この向上のためには脳トレと軽い運動の組み合わせが良いとされています。しかし個人に合った難易度やデータに基づいた課題の提供が難しいのも事実です。

シャープの液晶テレビ・アクオスのCOCORO VISIONに認知機能の向上に特化したクラウドサービス『CogEvo(コグエボ)』をカスタマイズした脳トレが提供されたことで、家庭のテレビの前で体を動かしながら、またウォーキングマシンやエアロバイクを使いながら、脳トレを実施できます。

アクオスでは3つのタスクを提供

「COCORO VISION」に導入されている『CogEvo(コグエボ)』は認知機能に関わる5つの機能を12種類のレクリエーションで網羅的にアプローチできます。その中でもCOCORO VISIONでは、老化とともに衰えやすい機能をカバーするために、以下の3種類のタスクを厳選しました。
・カード記憶/記憶力のタスク。その場で覚え、記憶を保持し、思い出すという工程を鍛えます。
・ストップウォッチ/注意力・抑制力のタスク。注意力や作業への集中力、感情抑制のトレーニングになります。
・ステップ・計画力のタスク。指示に従い試行錯誤して遂行する力を鍛えます。

脳トレ・カード記憶ゲーム。

脳トレ・ストップウォッチゲーム。

脳トレ・ステップゲーム。

AIoTで加速する科学的な高齢者医療や介護

これらの課題を継続して取り組み、データ分析し弱点をみえる化することで個人のレベルにあった課題にチャレンジできるのです。また、正答率や作業時間などの経時的変化がデータとして蓄積されるため、レベルアップを実感しモチベーションにもつながります。今回、家庭用テレビのサービスにコンテンツとして導入されたことで一般の方にも知られることになった認知機能トレーニング。介護現場や地域サービスなど専門領域では、こうしたAIoTをはじめとした科学的な介護がさらに加速していくことでしょう。
サービス名/COCORO VISION「今日の脳トレ」
対応機種/AIoT対応のシャープAQUOS
提供方法/ソフトウェアアップデート(無償)
●シャープCOCORO+(公式サイト
  • 記事をシェア
  • 記事をツイート
  • 記事をLINEで送る

ライター/川村みさと

ライター

川村みさと

回復期・維持期の病院で理学療法士として約4年間従事。整形外科疾患、脳血管疾患、廃用症候群、認知症などのリハビリテーションを担当した。ライターとして独立後はヘルスケアに関する記事を中心に活動中。一般の方にもわかりやすく、病気やケガの治療や予防法、介護の知識やセルフケアについて解説することを心がける。一人ひとりが暮らしやすさを実現するために、気づきやそのための情報を発信中。

Ranking

pagetop