ウェルビーイング
医食住メディア

医食住ウェルビーイングメディア

新着news

2022.08.23

ガソリンスタンドで脳ドック!! 多忙な運送ドライバーの健康支援、期間限定で実施

ライター/俵谷千尋

ライター/俵谷千尋

配送ドライバーの健康をサポートするため、ガソリンスタンドで手軽に脳ドックが受けられる脳健診サービス「スマート脳ドック」が、川崎の東扇島サービスステーションで8月31日まで期間限定で行われています。受診する際の気になる値段など、物流を支えるドライバーの健康を守る取り組みにスポットを当ててみました。

配送ドライバーに脳や心臓疾患が多い理由

私たちの便利で快適な毎日を支える物流システム。その裏にはトラックなどで毎日荷物を配送してくれている多くの配送ドライバーの方々の活躍があります。しかし配送ドライバーたちには、他業種と比較すると脳や心臓の疾患がある方が多いといわれています。

どうして配送ドライバーに脳や心臓の疾患が多いのでしょう。理由は以下のようなものがあげられます。

* 夜間や早朝など、不規則な運行での慢性的な寝不足
* コンビニなどで済まし、偏りがちな食生活
* 長時間座っていることでの運動不足
* 時間通り届けなければいけない精神的プレッシャー

これらの要素を放置しておくと、大きな病気につながる可能性もあります。しかし不規則な勤務時間で多忙な配送ドライバーにとって、定期健診に行く時間を捻出するのはなかなか大変なもの。そこで今回、期間限定で開催されているのが、ガソリンスタンドでの脳ドックです。

検査終了までわずか30分。お値段以上の価値

この脳ドックはスマートスキャン株式会社と出光興産株式会社、株式会社東日本宇佐美がタッグを組んで行うものです。神奈川県・川崎にある東扇島サービスステーションで、車両に搭載したMRI による脳健診サービス「スマート脳ドック」が受診できます。

Web予約と問診票の事前登録をあらかじめ済ませておき、さらに検査後も受診結果をパソコンやスマートフォンで確認できるため、受付から終了までわずか30分ほどで終了します。短時間の検査ですが脳梗塞、脳腫瘍などの自覚症状のない脳の異常を早期発見できる検査をしっかり行います。

ガソリンスタンドという、運送ドライバーなら日頃から必ず立ち寄る場所に設置することで、配送中のちょっとした隙間時間に気軽に脳ドックを受診できます。受診にあたっては保険適用外の自由診療なので値段が少々張り、さらに期間も場所も限定しての取り組みですが、こうした施設が日本中に設置されてドライバーの方々の健康を守れるようになることを願います。
サービス名/スマート脳ドック
料金/2万2000円(税込)
*保険適用外の自費診療です。
時間/9:00~19:00(8月31日まで期間限定)
場所/東扇島サービスステーション(神奈川県川崎市川崎区東扇島20-3)
●スマートドック(申込みサイト
●スマートスキャン(公式サイト
  • 記事をシェア
  • 記事をツイート
  • 記事をLINEで送る

ライター/俵谷千尋

ライター

俵谷千尋

フリーランスのWebライター。新しい働き方やライフスタイル、飲料(お茶)や革製品などのプロダクト紹介、海外面白ニュースの翻訳など、毎日をちょっと楽しくする執筆活動を継続中。国内外を問わずいろいろな場所に行くことが好きで、2021年には東京から京都へ移住した。加えて各国・地域の文化や現地の食事情にも興味津々で1人でふらりと海外に出かけることも。海外渡航歴27カ国。目標は100カ国渡航達成!

Ranking

pagetop