ウェルビーイング
医食住メディア

医食住ウェルビーイングメディア

新着news

2022.09.11

色素性乾皮症のためのファン付きUVカット防護服。紫外線を気にせず外出する喜びを

ライター/俵谷千尋

ライター/俵谷千尋

紫外線対策ウエアブランドの「エポカル」が、難病である色素性乾皮症の会へ寄贈した「ファン付きUV防護服」を一般でも発売開始しました。

遺伝性の難病のために

「色素性乾皮症(しきそせいかんぴしょう)」は2万2000人に1人の割合で発症するといわれる遺伝性の難病です。皮膚が日光に当たると乾燥してしみができ、通常の数千倍も高い確率で皮膚がんになる可能性があります。さらに年を重ねるごとに神経症状も出てきます。

そのため色素性乾皮症の患者の方は、毎日の徹底した遮光が欠かせません。その生活は常に日光に気を遣い、完全防備することで蒸れや暑さとの戦いでもあります。そこで今回紫外線対策ウエアブランドのエポカルが発売したのが「ファン付きUV防護服」です。

外気を取り込むファンを装備

この防護服の特徴は、紫外線を徹底カットする本体のUVカット素材と、さらに顔部分を覆うUVカットの透明シールドです。このシールドにより帽子やサングラスよりも隙なく完璧に紫外線を遮断できます。

さらに本体には外気を取り込むファンが取り付けられており、密閉された上半身を涼しく保ちます。サイズは120~130cm、150~160cmの2種類展開です。お子さまはもちろん、大人の方もサイズが合えば着用可能です。この防護服によって1人でも多くの色素性乾皮症の方が、紫外線を気にすることなく快適に外出できることを願います。
商品名/ファン付きUV防護服
価格/3万3000円(税込)
サイズ/120~130cm、150~160cm
●エポカル(公式サイト
  • 記事をシェア
  • 記事をツイート
  • 記事をLINEで送る

ライター/俵谷千尋

ライター

俵谷千尋

フリーランスのWebライター。新しい働き方やライフスタイル、飲料(お茶)や革製品などのプロダクト紹介、海外面白ニュースの翻訳など、毎日をちょっと楽しくする執筆活動を継続中。国内外を問わずいろいろな場所に行くことが好きで、2021年には東京から京都へ移住した。加えて各国・地域の文化や現地の食事情にも興味津々で1人でふらりと海外に出かけることも。海外渡航歴27カ国。目標は100カ国渡航達成!

Ranking

pagetop