ウェルビーイング
医食住メディア

医食住ウェルビーイングメディア

新着news

2022.09.22

筋トレは栄養摂取と一緒に! 栄養学の超入門書を読んで効率よく筋肉をつけよう

スポーツライター/大木雄貴

スポーツライター/大木雄貴

日々の運動不足を解消するために自宅で筋力トレーニングに励んでいる人が増えています。一方で“宅トレ”の難点はひとりで行うがゆえ、食事のアドバイスを受けられない点でしょう。筋肉のための栄養学の入門書ともいえる『筋トレ最高の食事術 増補版(二見書房)』を読んでボディーメイクに励みましょう。

トレーニング後の食事のバイブル

見よう見まねでトレーニングをしてみても、効率よく筋肉はつきません。それもそのはずです。トレーニングだけで筋肉がつくわけではないからです。トレーニングで筋線維を破壊し、栄養と休養を取ることで筋肉は大きくなります。筋線維の破壊だけを一生懸命頑張っても、疲労が溜まる一方です。
トレーニング初心者の悩みを解消してくれのが『筋トレ最高の食事術 増補版(二見書房)』です。
“1食20gのタンパク質っていうけど、どのくらいなの?”“そもそも筋肉ってどうやって作られるの?”“避けられない飲み会はどう乗り切ればいいの?”これらの疑問にQ&A形式で答えてくれる一冊です。おすすめ食材やON/OFFの栄養バランス、免疫力やメンタル強化についてなど、いま多くの人に知ってほしい情報も満載です。

監修は川端理香さん

プロスポーツ栄養コーチ。管理栄養士。昭和女子大学非常勤講師。2004年アテネオリンピック「VICTORYPROJECT」チーフ管理栄養士、2008年北京オリンピック委員会強化スタッフ。多くのトップアスリートをサポートする傍ら、一般を対象にした講演などの食育活動や執筆、レシピ開発、企業の栄養アドバイザーも務める。『いますぐ使える ジュニアアスリートの栄養食事学』『筋肉の栄養学 強いからだを作る食事術』など著書多数。
書名/『筋トレ最高の食事術 増補版』 
監修/川端理香(プロアスリート栄養コーチ)
価格/1540円(税込)
発行/株式会社EDITORS
発売/株式会社二見書房
*本書は2019年に株式会社枻出版社より発行されたムックを加筆・訂正して再編集したものです。
各ネット書店でも発売中
Amazon
楽天ブックス
セブンネット
honto
  • 記事をシェア
  • 記事をツイート
  • 記事をLINEで送る

スポーツライター/大木雄貴

スポーツライター

大木雄貴

大学卒業後、中小企業の営業職を経て、ライターに転身した。主な取材対象はスポーツで、中でも軸足はサッカーに置く。とはいうものの知人の依頼で酒場放浪記の記事を書いたり、出身地である千葉県鎌ケ谷市で"まちおこし"に頑張る人々の取材を行うなどして、異なるジャンルにも広くアンテナを張る高感度ライターを目指す。

Ranking

pagetop