ウェルビーイング
医食住メディア

医食住ウェルビーイングメディア

新着news

2022.11.22

"更年期後"の不調を生薬由来成分で改善。ミドル女性のQOLを支える「命の母アクティブ」

エディター/ベネヴィータ編集部

エディター/ベネヴィータ編集部

ミドル女性に寄り添う保険薬「命の母」の小林製薬が、更年期を終えた女性にフォーカスした「命の母アクティブ」をラインアップに加えました。ホルモン減少や自律神経の不調による肩こり、腰痛、疲れ等のつらい症状を改善し、文字通りいつまでも"アクティブ"に活動できるようにミドル女性をサポートします。

女性ホルモン欠乏による諸症状

一般的に更年期は45歳~55歳頃と言われており、その時期はエストロゲンという女性ホルモンの変動により発汗やほてり、体の重だるさ、イライラなどの症状が出やすくなることが知られています。こうした更年期症状への理解は広まったものの、実は更年期以降も慢性的なエストロゲン欠乏による症状があることはあまり知られていません。

小林製薬の調査によると50~60代、更年期後の女性が、肩こりや腰痛、冷えなどの症状で慢性的な悩みを抱えていることがわかりました。長年、ミドル女性に寄り添ってきた小林製薬では、こうした更年期後の症状について、年のせいだと諦めるのではなく、ホルモンの影響であれば対処できることを認識してもらいたいとの思いから「命の母アクティブ」を開発しました。

命の母アクティブは、独自の分量で配合した10種類の生薬がホルモンバランスを整え、血の巡りを良くして血の滞りを改善したり、衰えた筋肉や骨に働きかけたりすることで、肩こりや腰痛、冷えなどを原因から改善します。平均寿命の伸びた今、いつまでも元気で、更年期後もQOLを向上してもらいたいとの思いが命の母アクティブには込められています。
商品名/女性保健薬 命の母アクティブ
価格/2200円(税込・168錠)<小林製薬の通信販売では168錠×2/4400円・税込)
●小林製薬(公式通販サイト
  • 記事をシェア
  • 記事をツイート
  • 記事をLINEで送る

エディター/ベネヴィータ編集部

エディター

ベネヴィータ編集部

医食住ウェルビーイングメディアのBene Vita(ベネヴィータ)。

Ranking

pagetop