ウェルビーイング
医食住メディア

医食住ウェルビーイングメディア

新着news

2022.06.10

新茶で心と身体をリラックス! 静岡の盛況お茶イベント「茶祭 CHA-SAI」がクライマックス

ライター/俵谷千尋

ライター/俵谷千尋

梅雨も本格化したこの季節は寒暖差も激しく、なんだか気分が晴れなかったり、体がだるかったりするものです。そんな気分を晴れやかにしてくれるイベントが静岡で開催中のお茶のイベント「茶祭 CHA-SAI」です。

梅雨のだるさに負けない! おいしいお茶が集結

JR新静岡駅直結、JR静岡駅からでも徒歩7分ほどの場所にある大型商業施設「新静岡セノバ」。ここで6月19日までお茶の人気イベント「茶祭 CHA-SAI」が開催されています。今回で第3回目となるこのイベント、今年のテーマは「ココロとカラダ、ととのう!」。静岡の名産品である、お茶の魅力を再発見するための催しが目白押しです。

2つのブースで心身ともにリラックス

県内のお茶屋さんが集結する「茶祭マルシェ」は、今年のイベントテーマに沿って「カラダ」と「ココロ」それぞれを整える2つのブースに分かれています。

"「カラダ」ととのう お茶ブース"では、お茶の効能や効果を紹介しながら、一番茶(新茶)をはじめとする煎茶を味わえます。4月下旬から5月にかけて収穫される一番茶(新茶)は、渋みが少なく甘みが強い人気のお茶です。

"「ココロ」ととのう お茶ブース"では、ハーブティーを中心に香り豊かなお茶が楽しめます。季節の変わり目で不安定になりがちな時期だからこそ、華やかな香りのハーブティーでリラックスしてみてはいかがでしょう。

カラダととのうお茶ブースの出店店舗は茶空民(6月10日まで)、本山製茶、雅正庵、樽脇園。

静岡茶の飲み比べも!

茶祭マルシェ出店者がおすすめするお茶を提供するカフェスタンド茶祭セレクト(週末のみ開催)では、バラエティ豊かな静岡茶の飲み比べを楽しめます。自分では気付けなかったお茶に出会えるかもしれません。

さらにイベント限定のオリジナル商品の販売や、「静岡県民なら知っておきたいお茶知識」などのパネル展も実施されます。「茶祭 CHA-SAI」でお茶への愛を深めながら、"ココロとカラダ"を整え、ちょっと疲れた自分を労わってみてはいかがでしょう。
イベント名/第3回「茶祭 CHA-SAI」
開催期間/開催中(6月19日まで)
場所/新静岡セノバ
公式サイト/https://www.cenova.jp/2022_chasai/
  • 記事をシェア
  • 記事をツイート
  • 記事をLINEで送る

ライター/俵谷千尋

ライター

俵谷千尋

フリーランスのWebライター。新しい働き方やライフスタイル、飲料(お茶)や革製品などのプロダクト紹介、海外面白ニュースの翻訳など、毎日をちょっと楽しくする執筆活動を継続中。国内外を問わずいろいろな場所に行くことが好きで、2021年には東京から京都へ移住した。加えて各国・地域の文化や現地の食事情にも興味津々で1人でふらりと海外に出かけることも。海外渡航歴27カ国。目標は100カ国渡航達成!

Ranking

pagetop